ビーグレンのシミ対策と美白ケア

世の中に美白化粧品はたくさんありますが、美白化粧品を使ってもなかなかよい実感がもてないという人が多いそうです。
それは美白の成分に刺激性があったりして十分な量を配合できていなかったり、
成分がきちんと届くべき部分に浸透していない
ため、効果があらわれないという問題がありました。

 

その問題を解決すべく、さらなる進化をとげてリニューアルしたのが、ビーグレンのホワイトプログラムです。

いくらたくさん成分を入れ込んでも刺激があってお肌を傷めてしまったら意味がありません。

 

・お肌へのやさしさと
・実感できる早さ

その2つの両立を実現することにこだわっています。

 

美白化粧品といってもシミを予防する製品が多い中、ビーグレンは
できてしまったシミを薄くすることにこだわっています。
そのための成分がお肌の漂白剤とも言われる「ハイドロキノン」です。

 

美白の代表的な成分といえば「ハイドロキノン」ですが、実はお肌の奥に届きにくい成分なのだそうです。
いくらハイドロキノンが入っていてもお肌の必要な部分に確実に届いていなければ、塗っても意味がありません。

 

ビーグレンの美白はQuSomeという超微小のカプセルに有効成分をギュッと包み込み、角層の奥まで浸透させます。
そうするとこで必要なところまで、長時間にわたって効果を持続させることが可能になりました。

ビーグレンの美白ケアの特徴

ハイドロキノンを少ない量で確実に届かせる

QuSome技術というビーグレン独自の浸透技術を使うことで、効果は高いけれど高濃度にすると刺激が心配されるハイドロキノン を刺激のない少ない量で確実に届かせることに成功しました。

QuSomeというビーグレン独自の技術を使うことで
1、皮膚の細胞膜に似たQuSomeカプセルだから今までの最大10倍の浸透力
2、効果があらわれるまでの時間を1/2に短縮
3、美白成分を狙った箇所に確実に届けることが可能
4、少ない使用量で効果
5、肌への刺激は約1/4

今までの美白化粧品の「浸透しにくい」「刺激が心配」「効果が現れにくい」などの問題をクリアしました!

 

今あるシミに働きかける

世の中にたくさんある美白化粧品ですが、実はシミを予防するという商品が多く、今ある悩みであるシミに働きかけるものは少ないそうです。
シミを薄くするには濃くなったメラニンを薄くする必要があるのですが、それを行うには浸透性、刺激性など様々な問題があり、高い技術が必要でした。
シミを予防するだけでなく、今あるシミに働きかけることにこだわったのがビーグレンの美白ケアです。

 

美白に最も適した成分を使用

化粧水にはホワイトプログラムにもっとも適したビタミンC、美容液には超微小カプセルに包み込んだアルブチン、クリームには高品質の浸透性を高めたハイドロキノン。
いずれもQuSome化したビーグレン独自の成分を使用しています。

ビーグレンの美白ケアラインナップ

まずお肌の土台をローションで整えたら、悩みを作らせない予防ケアと今ある悩みにアプローチするブライとニングケアを同時に行います。

 

 

全方向からの同時ケアによりこれ以上作らないケアと今ある悩みを消すためのケアを同時に行うことが美白ケアに必要なことなのです。

 

>>ビーグレンホワイトプログラムの詳細はこちら

ビーグレンのシミ対策!美白ケアのポイントとホワイトプログラム記事一覧

虫刺されのあとの赤味や、ニキビ跡の色素沈着、メガネをかけている部分がどす黒く色素が沈着してしまったりなど、様々な原因で色素沈着は起こります。色素沈着は一体どのようにお手入れしたらいいのでしょうか?色素沈着の原因シミの原因にメラニンが関わっているということはご存知の方も多いと思いますが、色素沈着の原因もメラニンがかかわっています。メラニンは紫外線だけでなく刺激などから肌を防御するためにもつくられます...