ビーグレンの新化粧水「Qusomeローション」

ビーグレンから2016年10月新化粧水が登場しました!
これまでの10YBローションと美白ローションがこれ1つに統一し、シワ、シミ、ハリ、毛穴、乾燥などあらゆる悩みに対応する高機能化粧水です!

 

 

美しさの原点である水をたたえた肌は「角層」の状態によって決まることに着目し、美容成分を包み込んだ超微小の複合成分が狙いをさだめて浸透することで角層の奥に長時間とどまります。

 

うるおいの持続力はなんと17時間!
17時間とは朝7時から夜の12時まで。

 

17時間もうるおいを持続させるには特別な技術が必要です。
それがビーグレンが化粧水のためだけに開発したイオンの力を利用した新技術です。

 

複数のペプチドが、美肌の基本であるうるおいを土台から整えていくことで
しわ しみ 毛穴 乾燥 ハリ
などあらゆる悩みに対応します。

 

うれしいのはうるおいだけじゃない美容成分がたっぷりを配合されていること!

 

VCエチル
ホメオシールド
アッケシソウエキス
EDP3

 

など美容液のような濃厚な成分が浸透し、吸い付くようななめらかな肌が長時間持続します。

Qusomeローションを使ってみました

私はこれまでずっと10-YBローションの愛用者だったので、Qusomeローションに切り替えることになりました。
早速使ってみたのですが、べたつかないのに内側からしっとり感が湧き上がってくるような使い心地はさすが!
やはり期待を裏切りません。

 

秋冬の乾燥する季節はもちろん、春から夏もOK!

 

春から夏って意外とべたついているようでお肌の内側が乾燥していませんか?

 

表面だけをうるおしても内側がうるおっていないと、お肌はうるおいが不足していると認識し皮脂を出すようになります。
それが過剰になると、表面はべたべたするのに内側が水分不足というやっかない肌状態になってしまいます。
毛穴が開くのも皮脂が原因のようでもとをたどると水分不足、うるおい不足が原因ことがあります。

 

そのような状態にならないためにもしっかりとうるいおいを保持できるお肌にしていきたいですよね。
そのためにも健全なバリア機能を構築するQusomeローションが最適です。

 

私もどちらかというと春夏はべたべたしてしまうオイリードライ肌なのですが、
ずっとビーグレンの化粧水をつかっていたらとうるおっているのにべたつかない肌に改善してきました。

 

またQusomeローションを使うと、うるおいがしっかりと保持されるのであまりクリームをベタベタつけるのが好きではない私もその後の保湿ケアは軽くすませるだけでいいのも魅力

 

 

ためしに化粧水だけつけて様子を見てみると
つけた直後のぷるんと湧き上がるようなハリとしっとり感が、朝付けて半日たったあとも続いていることに感動!
もちろんその後も持続。
まさに未体験のうるおいです!

 

年齢による悩みにもしっかりアプローチしてくれるのも魅力です。

 

ツヤともっちりとしたこれまでにないハリ感
それはつけてさわると実感できると思います!

 

エイジングケアも美白すべてこれ1本で!というところにビーグレンの自信を感じます。

 

夏になると美白化粧水に変えたほういいのか?
という悩みからも解放されました。

 

現在ビーグレンで販売されている化粧水はこのQusomeローションとクレイローションのみ
ニキビに悩む方以外のしみ、シワ、乾燥、毛穴、などの悩みはすべてQusomeローションで対応できます。

 

ぜひ湧き上がるようなハリを体感してみてくださいね!

 

トライアルセットもあります!
>>ビーグレンQuSomeローション

ビーグレンの新化粧水「Qusomeローション」口コミ記事一覧

アンチエイジング化粧品ビーグレンのQuSome化粧水はとにかく保湿を重視した化粧水でうるおいがなんと17時間も続きます。これまでアンチエイジングの数々のヒット商品を生み出してきたビーグレンが、しわ、乾燥、たるみ、毛穴、などのすべての悩みにとって、もっとも重要と結論づけたのが「保湿」でした。水をたたえた肌がすべての美しさの基本という考えからこれまでにない保湿力の高い化粧水を生み出しました。ここまでう...