QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレンの美白クリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9 」は最強の美白成分といわれるハイドロキノンを1.9%配合したホワイトニングクリームです。

 

 

・今あるシミを何とかしたい方
・肝斑が気になる方
・色素沈着やそばかすが気になる方
・顔全体のくすみが気になる方

 

このような悩みに働きかけるナイトクリームです。

 

有効成分は最も強力な美白成分とも言われる「ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンは
・チロシナーゼ酵素の活性を阻害
・メラノソームの分解
・メラノサイトの破壊

によりできたメラニンを薄くする働きがあり、今あるシミや肝斑などの悩みに働きかけます。

 

実は美白製品を色々観ていくとシミを予防するという予防に観点をおいたものも多く、今あるシミにまで働きかけるものかどうか疑問なものも数多くあります。
しかしビーグレンのホワイトクリームはシミそばかす肝斑など今ある悩みにダイレクトに働きかける美白クリームです。

ハイドロキノンとは?刺激副作用の心配は?

ハイドとキノンはアルブチンの60倍ものシミに対する美白効果があるといわれます。
それゆえに多く配合することで刺激なども確認されており、化粧品としては5%以下の配合が目安とされています。

 

そのような中ビーグレンのハイドロキノンは1.9%です。
意外と少ないと思われましたか?

 

実はハイドロキノンは多ければいいというわけではありません。多ければそれなりの刺激も心配されますし、多く配合されていても肌に届かなければまったく意味がないのです。

 

ビーグレンはハイドロキノンを確実にお肌に届かせるQuSomeという技術を使っています。
その技術により、少ない量でも確実に肌に届けその効果が現われるまでの時間を従来の1/2に短縮することに成功しました。

 

使い心地は?

私は旧タイプのホワイトニングクリームの時代からビーグレンの美白クリームは使用していますが、以前から全く刺激なく使えていましたが、現在のリニューアルしたホワイトクリームはよりなめらかにやさしい使い心地になって刺激もまったく感じません。

 

ハイドロキノン=強いというイメージがあったのですが、まったくそのようなこともなく普通の美容液のようなしっとりとした使い心地です。

 

以前も書いたのですが、私は以前顔に赤くひどい色素沈着を起こしてしまったことがあり、何をやっても1ヶ月近く改善されなかったのですが、リニューアルしたビーグレンの美白ラインを使ったらものの1週間で赤味が引いてきたという経験がありました。
もともとビーグレンは好きで使っていたのですが、そのことでますます信頼を置くようになりました。

 

色素沈着やしみ、そばかすなどはもちろん使い続けることで顔全体のくすみもパーッと明るくなるブライトニング効果もあります。

 

ビーグレン美白クリーム 口コミ ハイドロキノン配合の最強ホワイトクリーム記事一覧

ハイドロキノンはお肌の漂白剤といわれるほど医療の現場でもシミや肝斑の治療として使われる美白成分です。チロシナーゼ酵素の活性阻害作用がありメラニンを作らせないとともに、色素が沈着したシミ、そばかすもケアすることができ、メラニンによって悪化したシミに対して還元作用があります。2ヶ月から3ヶ月が効果の現われてくる目安とされます。・今あるシミを薄くする・シミを予防するという2つの作用があるのがハイドロキノ...

ホワイトニングと言えば美白でおなじみですが、CMなどでも最近よく聞く言葉にブライトニングという言葉があります。ホワイトニングとブライトニング一体どんな違いがあるのでしょうか?明確な定義があるわけではないようですが、化粧品ではホワイトニングというのはシミやそばかすなどに働きかける美白成分が配合されている化粧品に使われます。それに対してブライトニングは肌全体のくすみを解消し、肌に透明感や明るさを出すと...